馴れ初めブライダル紙芝居スタート

 2011年4月26日、株式会社アローズコーポレーション(本社:大阪市北区 社長:國元紳仁郎)が運営する、        
結婚式2次会プロデュースサービス「2次会ちゃんねる」が、オリジナルの紙芝居で新郎新婦を紹介する        
ブライダル紙芝居という新サービスを開始したことを発表した        

<紙芝居のメリット>        

①アナログならではのあたたかさ        
さまざまなハイテク機器が使用される現代、あえて紙芝居というアナログ手段を選んだのは、        
新郎新婦やゲストの方に紙芝居のあたたかみを感じてほしいからである。        
幼少のころ読み聞かせてもらった懐かしさもあいまって、紙芝居の哀愁を感じてもらえると考えている。        

②場所を選ばない        
実写の映像を流すには、プロジェクターなどの電力を使う機器がなくてはならない。        
紙芝居にはこれらの機器が必要ないため、機器を持ち込めない場所や、電源のない場所でも上演が可能である。        
2次会ちゃんねるでは実際に、電車の中でなれそめ紙芝居を上演した。        

③演じ手との一体感        
紙芝居は、上演と同時にナレーションを入れたり、セリフを言う。お互いの反応がリアルタイムで見える        
ため、前もって作成した映像よりも、紙芝居のほうが演じている人との一体感を味わえる。

詳細はこちらから