結婚式見積もりの注意点とチェックポイントを解説!ベストな見積書のもらい方

結婚式場からもらった見積もりのチェックポイント
結婚と二次会に役立つコラム【18】

結婚式場を見学したときには担当プランナーさんから初回見積りを出してもらいます。そのまま項目を細かく検討せずプランナーさんにお任せしていると、準備終盤でいつの間にか金額が引きあがっているという問題が発生しがちです。特別な日のための出費は仕方がありませんが、可能な限り値上がりは避けたいと思う方も多いことでしょう。ここでは見積書を見るときの注意点とチェックポイントを解説していきます。

まず初回見積りで各項目のグレードを見ておく

 「みんなのウェディング結婚式費用に関するアンケート」によれば、72%以上のカップルが初回見積りよりも50万万円以上の値上がりを経験しているようです。値上がりの理由としては、打ち合わせ段階でのアイテムのグレードの変更が考えられます。基本的に初回見積書にある金額は、最低ランクのグレードの設定をされていることが多いです。式場側としても最初は新郎新婦のこだわりが分からないため、大まかな出席人数などから、プランの中で低価格なものをセレクトして見積書を出します。

 

 そのため初回の見積書は、プランの大まかな全体像を知ってもらうための資料だと考えましょう。細かい項目を見ていく中で、ほとんどのカップルがアイテムをグレードアップさせるため、値段があがっていくのです。料理や飲み物、会場装飾・装花、写真やビデオ、引き出物などは、特に値上がりしやすい項目だといわれています。見積書をもらったときには、まず各項目のアイテムのグレードなどをチェックしてみましょう。

 

 また先に挙げた項目以外にも、挙式料や会場使用料、着付けヘアメイク料、介添料、演出料や控室料、ペーパーアイテム料、サービス料などが結婚式の料金には含まれます。

チェックリスト(料理や飲み物、衣装、会場装飾・装花)で見ておきたいポイント

結婚式の見積もりは当日までに何回もらう?

自分たちの思い出になるのはもちろんですが、ゲストにも満足してもらうために、カップルによってはそれぞれのこだわりがあるでしょう。値上がりしやすい項目のチェックリストを作って、自分たちのこだわりとすり合わせていきます。その際、プランナーさんに細かく相談してみてください。まず、当日の料理や飲み物、衣装や会場装飾・装花に関するチェックポイント・注意点をみていきましょう。

 

 

#料理や飲み物

料理はコースよって内容が変わりますし、あまりに安いコースだと満足できないケースもあるでしょう。いくつかのコースがある場合には、通常真ん中のグレードのコースを選ぶことが多いようです。飲み物代の中に乾杯酒やアルコールなども含まれているのか、子ども向けやお年寄り向け、アレルギー食などにも対応可能なのかなども、細かく検討していきます。またウェディングケーキはタワーにするのか1段にするのかなどのランクによって値段が変わります。

 

#衣装

見積もりされた金額で対応できるドレスやタキシードの種類をチェックしておきましょう。衣装はブランドによって値段に幅があるため、見積もり金額の中に納まらないケースも多いです。また新郎新婦も何着分を想定した金額なのかも聞いておきます。ベールやティアラ、小物などの値段が含まれているかどうかも知っておきたいところです。

 

#会場装飾・装花

会場装飾や装花は初回見積りでは、最低限の装飾や花を想定していることが多いです。見積りの金額で、どのようなイメージになるのかを写真などで具体的に見せてもらうとよいでしょう。装飾や装花は削りすぎると物足りない印象になってしまいます。装飾の量や花の量が足りないと感じるようであれば、増やすことも検討しましょう。季節の花や葉を多く取り入れるなど、アイデア次第では金額をおさえられます。

チェックリスト(写真・ビデオ、引き出物)で見ておきたいポイント

写真・ビデオや引き出物で見ておきたいチェックポイント・注意点をご紹介します。

 

#写真・ビデオ

スナップ写真を撮ってもらう場合には何カット撮ってもらえて、撮影データはもらえるのか、アルバム代は入っているのかなどを確認しましょう。集合写真の場合、1カットだけが見積もりに含まれていて、焼き増し料は別ということもあります。データをもらえないことも多いため、あらかじめ撮影内容を確認しておいた方が無難です。

 

#引き出物

引き出物はゲストの手に直接渡るもののため、なるべく削りたくない項目です。見積もりの中にどの程度の金額のもの、内容のものが含まれているのかを確認しましょう。見積もりでは高いランクのものを選んでおくことがおすすめです。また、引き出物を入れる袋代は含まれているのかなども確認しておきましょう。ただ、引き出物は自分たちで用意して郵送するなどの方法もあります。その場合、遠方からのゲストへの配慮をすることもできるでしょう。

自分たちにあった見積もりを出してもらう2つの方法

 自分たちのウェディングプランにあった見積もりを出してもうためには、2つの方法が考えられます。

 

#具体的にプランを決めてから見積もりを出してもらう

ゲストの人数や式の規模、予算や日程などをある程度ふたりで煮詰めてから見積もりを出してもらうと、後から突然値段がアップする可能性は減ります。オプションとして希望する内容が決まっているようであれば、式場の見学のときに見積もりを出してもらう段階で、オプションを入れ込んでもらいましょう。また、予算や日程などが明確になっていると適した割引プランや特典などをプランナーさんから提案されることもあります。はじめの相談から申し込みまでの期間が短いときに対応している割引特典もあるため、希望を明確にしているとメリットが大きいのです。

 

#高めのグレードや多めのゲスト数で見積もりを出してもらう

最初に高めのグレードで多めのゲストを想定し、見積もりを出してもらってから、不要な部分を削っていく方法もいいです。ゲストの数は当日増えることも考えて、予定の1割増くらいにしてみましょう。見積金額から削っていく作業の中で、自分たちがこだわりたい点が明確になります。

 

契約の前に確認しておきたいこと

 通常、初回の見積もりを出してもらってから、さらに自分たちのこだわりをプランに入れ込んだ見積もりを出してもらって、会場を比較検討します。会場が決まって本契約する前には、予約を解除する場合に申込み金は返戻されるのか、キャンセル料はいくらなのか、契約内容や契約期間、割引が適用される条件などをしっかり確認しておきましょう。のちのちのトラブルを回避するためにも、気になることはすべて確認します。

 

 ブライダルフェアに行ったときに、その場で見積もりもらい、特典を理由に即契約を迫られる場合などは、確認不足がもとになりトラブルの原因になりやすいです。まず焦る気持ちを落ち着けて、一度見積書を持ち帰って検討しましょう。

結婚式の見積もりはこだわりたい部分を細かくチェックする

 見積もりを見る時の注意点・チェックポイントは参考になったでしょうか?結婚式の見積もりは多くの場合最低限のグレードで計算されています。そのため、準備の最終段階で、最初の見積もりよりも大きく値上がりすることも少なくありません。結婚式では、基本的にこだわりたい部分にお金をかけることになります。一般的に値上がりしやすい項目をチェックしてみて、見積もりの金額内で対応しているアイテムやサービスなどを確認しておきましょう。

結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは?

 

二次会を開催するために私たちに相談に来られるお客様。多くの新郎新婦様に共通しているご意見がございます。結婚式場から初めに説明されたプランでは、不足しているものだらけ。たくさんのオプションを追加させられた。気がついたら、どんどん料金が上がっていって、最終的にはとても高額になってしまった。始めにもらった見積と全然違う。ブライダル業界によくありがちな話です

 

しかしながら2次会チャンネルの料金システムは、非常に単純明確です。

 

新郎新婦様のご負担金69800円+ゲスト様サービス料1名3000円。料金システムはこれだけです。もちろん結婚式二次会に必要なサービスは全て含まれております。ブライダル業界にありがちな複雑な料金システムはございません。

結婚式の二次会幹事代行なら二次会チャンネル!

キタ梅田で結婚式二次会

披露宴のあとは二次会も開催しよう。披露宴に招待できなかった、参加できなかった友人を呼んで親しい仲間だけで一生に一回の思い出を作れるのが二次会です。でも結婚式の準備に追われて、二次会のことまで手が回らない、また友達に幹事を頼むのも大変そうで気が引ける、そんな時におすすめしたいのが二次会の幹事を丸投げできる二次会幹事代行会社です。

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます