結婚式当日によくあるトラブルと予防するためにやること

結婚式でよくあるトラブル
結婚と二次会に役立つコラム【22】

新郎新婦の夢を叶えてくれる完璧な結婚式・披露宴にするためには、トラブルを避けなければいけません。当日に起こるかもしれないトラブルの種類はたくさんありますが、事前に予防策を講じることで避けられるものもたくさんあります。こちらでは、よくあるトラブルとその予防策を紹介しますので、結婚式・披露宴を完璧なものにしたいのなら参考にしてみてください。

ヒューマンエラーを起こさせない

結婚式・披露宴を挙げるのなら、誰しも最高の一日にしたいと考えていて、完璧なプランを練り上げているはずです。しかし、そのプランが式場側のヒューマンエラーで崩されるというトラブルが起こることがあります。例えば、ゲストの席が用意されていなかったり、料理の内容が異なっていたり、予定していたBGMではなかったりと種類はさまざまです。もしも、式場側のトラブルを避けたいのならば、しつこいくらいに担当者やプランナーと話し合ってミスは許さないという雰囲気を作っておくことが大切です。式場のスタッフにとっては毎日行なっている仕事の一部でしょうが、新郎新婦にとっては人生に一度あるかどうかの大切なイベントなのでしっかりと釘を刺しておきましょう。

結婚式当日にありうるハプニングまとめ

【式場側スタッフが原因】

・ゲストの席が足りない

・ゲストの名前と席札が違う

・アレルギー体質の方への料理が注文と違う

・BGMが流れない。または指定の曲と違う

・ケーキの見た目が汚い

・司会者が新郎新婦の名前を間違える

・メイクや髪形がイメージと違う

・プランナーとの打ち合わせが司会者に伝わっていない

 

【新郎新婦や列席者が原因】

・シューズ(ヒール)が高すぎてこけてケガ

・酔っぱらって騒ぐ

・飲みすぎて急性アルコール中毒になり運ばれる

・涙で化粧が崩れすぎ

・指輪を忘れる

・見栄をはって細いドレスにして気分が悪くなる

・新郎と新婦が喧嘩

・親族同士が喧嘩

・スピーチをする列席者が来ない

・スピーチの暴露話が洒落にならなかった

・ドレスが引っかかって破れる

・指輪が入らない

・指輪交換でネイルチップがはずれる

式場スタッフ側のトラブルを予防・対策する

新郎新婦や列席者側のハプニングやトラブルを防ぐには、基本的に自分たちで意識しておくしかないですが、のちほど解説します。まずは式場側スタッフが原因で起こるトラブルの予防を考えていきす。これはほどんどの場合が、伝達漏れが原因です。プランナーから他のスタッフへ(司会者など)へ伝わっていない可能性を考えておきましょう。

【1】接客態度をチェック

式場側のミスは起こってしまうと、新郎新婦ではどうしようもありません。もしも、当日にトラブルが起こったときの式場の対応を予測したいのなら、担当者やプランナーの接客に注目しましょう。それは担当者やプランナーの接客態度がそのまま結婚式・披露宴当日のトラブル対処に繋がる可能性が高いからです。何でも臨機応変に対応してくれる方ならば、トラブル時も適切に対処してくれる確率が高いでしょう。しかし、質問や要望に対する反応が鈍い方なら、トラブルの的確な対処は望めないかもしれません。担当者やプランナーの接客態度に不安を感じるのなら、すべてを予定通り終わらせるためにも、ほかの方に交代してもらうことも考えましょう。

【2】始めから担当プランナーは新人は避けるべき

式場見学に行った際に、初めから新人プランナーを担当させずに、ベテランのエース格プランナーを希望する旨を伝え、承諾がもらえたら契約します。などと交渉しましょう

【3】細かい要望は何度でも言う

結婚式・披露宴に対する要望は、かなり細かいものも多いと思います。列席者の1名だけアレルギーで料理を変更することなど、細かければ細かいほど、本当に対応してくれるのか不安なものです。重要事項は何度も何度もしつこいくらい伝えましょう。また伝えたこと、相手が承諾したものを確認できるように、書面やメールで残しておきましょう

【4】当日できていなかったら?

細かい要望をメールで残したり、しつこく伝えるくらいまではやる方も多いでしょう。ここではもう1段階突っ込んでみることをお教えします。伝えたことが当日、実際はできていなかったら?要望と違っていたら?どう対応してくれますか?ここまでツッコんで聞いておきましょう。代替案があれば安心できますよね。もちろんメールや書面に残しておくのは当然です。

新郎新婦や列席者が原因で起こるハプニングの予防

◆シューズ(ヒール)が高すぎてこけてケガ

→事前に何度も歩く練習をする。試し履き時点でキツイ場合はヒールの低いものを選ぶ

◆酔っぱらって騒ぐ

→ゲストの場合は監視役を付ける。新郎新婦の場合は互いに監視する

◆涙で化粧が崩れすぎ

→写真やビデオで一生残るため、化粧は重要ですね。頻繁に新郎に確認してもらい、崩れていたらメイク係を呼んでもらいましょう

◆指輪を忘れる

→両親や友人の指輪を借りて代用する

◆見栄をはって細いドレスにして気分が悪くなる

→最初から無理をせずに多少は余裕を持ったドレスを選ぶ。気持ち悪い場合は控室で少し休む

◆スピーチをする列席者が来ない

→親しい友人の中でアドリブに強そうな方へ、事前に頼んでおく

◆スピーチの暴露話が洒落にならなかった

→スピーチの内容を事前に簡単に教えてもらう

◆指輪が入らない

挙式中の指輪交換で指輪が入らない。普段より指がむくんでいることもありえます。あせらずに途中まではめて、そのまま挙式を進行させましょう

収容人数の都合で披露宴に呼べない!!

 式場のキャパが決まっていて、呼びたかった友人を披露宴に呼べなかった。『披露宴に呼ぶのは難しかったけれど、二次会には参加してほしいゲストがいる』という状態ならば、その方へのフォローは完璧に行なう必要があります。それは、二次会だけの参加に抵抗がある方もいるからです。もちろん、全員ではありませんが、そのように感じる方がいると考えた上で行動すればトラブルを避けられるでしょう。前もって電話などで『披露宴に呼ぶのは難しいけれど二次会には参加してほしい』と伝えてから招待状を送れば、相手を嫌な気分にさせることはありません。ゲストの呼び方を間違ってしまうと、参加者が少ない二次会や雰囲気がよくない二次会になってしまうので気をつけましょう。

トラブルやハプニングを避けて最高の一日にしよう

 結婚式と披露宴、そして二次会のすべてを完璧に終わらせるのは簡単なことではありません。担当者やプランナーとの話し合いがとても重要になるので、納得できるまで相談しましょう。また、新郎新婦が主役なのは間違いありませんが、わざわざ時間を作って参加してくれるゲストのことも考えなければいけません。本番前にできることはすべて行なって、新郎新婦とゲストの両方にトラブルがない最高の一日を目指しましょう。

結婚式の二次会幹事代行なら二次会チャンネル!

キタ梅田で結婚式二次会

披露宴のあとは二次会も開催しよう。披露宴に招待できなかった、参加できなかった友人を呼んで親しい仲間だけで一生に一回の思い出を作れるのが二次会です。でも結婚式の準備に追われて、二次会のことまで手が回らない、また友達に幹事を頼むのも大変そうで気が引ける、そんな時におすすめしたいのが二次会の幹事を丸投げできる二次会幹事代行会社です。

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます