憧れの海外挙式!ハワイで結婚式を挙げる魅力や相場は?

ハワイでの海外挙式
結婚と二次会に役立つコラム【28】

  青い海と白い砂浜のコントラストが美しい南国ハワイは、海外旅行先として大人気のビーチリゾートですよね。そんなハワイは、海外挙式の渡航先としても不動の人気を誇っています。自然あふれる開放的なロケーションのもとで行われるハワイでの結婚式は、特別な記念になることでしょう。ここでは、ハワイ挙式の魅力やメリット・デメリット、費用相場などをお伝えします。

ハワイ挙式の魅力

 ハワイで結婚式を挙げる魅力の一つに、ロケーションの美しさがあげられます。海と青空を背景に、白い砂浜が広がるビーチでウェディングフォトを撮影するカップルの姿がイメージされるのではないでしょうか。ビーチはもちろん、花や緑など自然豊かな島なので、フォトジェニックな写真をあちこちで撮影することができます。また、海外挙式で訪れる日本人が多いことから、結婚式のスタイルが豊富に用意されています。ビーチウェディングを筆頭に、ガーデンウェディングやホテルウェディング、そして一軒家を貸し切るハウスウェディングまであり、予算や好みに応じて選ぶことが可能です。どんな挙式にしようかと想像するだけで、ワクワクしますよね。

 

 海外挙式の場合は、ハネムーンを兼ねているケースが多いようです。観光地であるハワイは、挙式後の楽しみがたくさんあります。大型のショッピングモールで買い物したり、マリンアクティビティで遊んだり、ビーチでのんびり過ごしたりなど、2人の時間を満喫できるのです。また、ハワイはいくつもの島で構成されているので、別の島を訪れるのもおすすめです。例えば、カウアイ島やマウイ島には手つかずの大自然が広がっていて、オアフ島とはまた違った魅力を体験することができます。

ハワイ挙式のメリット

 ハワイ挙式のメリットは、英語の心配をしなくて済むことです。日本人が多く利用しているため、日本語が堪能なローカルスタッフもいますし、日本人スタッフも在籍しています。海外挙式の場合は、会場を下見してから決めることができないだけに、依頼するウェディング会社やスタッフとしっかりコミュニケーションをとることが大切です。細かな要望を伝えるなど、日本語で意思疎通ができることは大きな安心感に繋がりますよね。新郎新婦はもちろん、ゲストである両親や友人たちも、言葉の壁を気にせずにハワイでの挙式を楽しめることでしょう。

 

 ハワイの年間平均気温は、25度くらいです。雨季と乾季がありますが、年間を通して過ごしやすいこともメリットといえます。雨季があるといっても、日本の梅雨とは大きく異なり、ジメジメとした天気が続くことはありません。数十分程度のスコールが降ったりやんだりして、途中で晴れ間がのぞくこともよくあります。どの季節でも挙式は可能ですが、常夏のハワイを感じたければ乾季を選ぶとよいでしょう。そして、国内挙式に比べて費用を抑えられることも、ハワイ挙式のメリットです。ゲストの人数が10~20名程度と、親族や親しい友人のみに限るケースが多いからです。ゲストの人数が少ない分、費用は安くなる傾向にあります。

ハワイ挙式のデメリット

 ハワイ挙式のデメリットは、人気の場所ほど予約が取りにくいことです。海外挙式の中でも高い人気を誇るハワイは、それだけたくさんのカップルが集まってきます。特にオアフ島での挙式を望むカップルが多く、オアフ島の有名な教会・チャペルは予約が取りづらい状況が多々見受けられます。予約を取れたとしても、同じ日にそこで挙式するカップルが多ければ、混雑してゆっくりした時間をとるのが難しいかもしれません。ハワイ挙式を希望するのなら、早めの予約が必須です。また、日程によっては挙式が集中することもあるため、混雑を回避するために日程調整をするといった工夫も必要でしょう。

 

 オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港へは、日本の主要都市から直行便が出ています。飛行時間は7時間~8時間くらいが目安です。狭い機内で長時間過ごすことになるので、身体的負担がかかることがデメリットといえます。さらに、時差の問題もあります。日本はハワイよりも19時間進んでいるのです。例えば、日本が18時だとすると、 ハワイは前日の23時になります。時差ボケを経験したことがある人なら想像に難くないでしょうが、ひどい疲労感や睡眠障害に悩まされたりしますよね。余裕のある日程にするなど、自分たちも含め、ゲストの体調管理にも特別な配慮が必要でしょう。

費用の相場

 ハワイ挙式の費用の総額平均は、170万円~200万円前後というデータがあります。これは、挙式費用に加え、新郎新婦の旅費などを含めた費用です。ゲストの旅費については、含まれていません。なお、プラン内容やゲスト人数などによって費用は大きく変わってきますし、ゲストの旅費まで負担する場合は、その分の料金が加算されることになります。少しでも費用を安くするには、大型連休などの観光シーズンを避けて、旅費を安く抑えることがポイントです。最低限のシンプルな挙式で構わないという場合は、100万円前後のお得なプランも用意されています。

ハワイ挙式でハネムーンも満喫しよう!

 観光地でもあるハワイは、挙式後に楽しめるスポットが満載です。結婚式と新婚旅行が一緒になったハワイ挙式は、それぞれ別に計画するのに比べて、費用総額はリーズナブルになる傾向にあります。ゲストの人数が少ないことも、費用を抑えられる理由です。帰国後にレストランでウェディングパーティを開き、ハワイ挙式の写真・動画を友人たちに披露する場を設けるとよいでしょう。

帰国後お披露目国内パーティーなら二次会チャンネル!

キタ梅田で結婚式二次会

海外挙式から帰国後お披露目パーティは2次会チャンネルにお任せください。結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは、結婚式二次会だけでなく会費制のお披露目パーティーもプロデュースしております。最近では挙式・披露宴を行わずに、カジュアルな会費制ウェディングパーティのみを検討されているカップルからのご依頼が約60%になっています。祝儀制は大げさになるので、大変そう。もっと簡単にお披露目パーティを開きたい!会費制のウェディングパーティをカジュアルにやってみたい!そんなカップルはぜひご相談ください。海外で撮影した写真やビデオなどをパーティーで上映して、大画面スクリーンで友人に見てもらいましょう

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます