結婚指輪は手作りすることも可能!そのメリットやデメリットとは?

結婚指輪は手作りすることも可能!そのメリットやデメリットとは?
結婚と二次会に役立つコラム【42】

 結婚が決まったカップルに必要なものといえば結婚指輪ですよね。結婚指輪はデザインがとても豊富なので、どれを購入すればいいのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか?しかし、結婚指輪は購入するだけではありません。実は手作りすることも可能であり、オリジナルの指輪が欲しいといった理由から、近年人気を集めています。ここでは、結婚指輪を手作りすることのメリットやデメリット、費用の相場などについて説明していきます。

結婚指輪は購入するだけでなく手作りすることもできる!

 既成品の結婚指輪を購入する場合、プロがデザインした指輪の中から気に入ったものを選ぶことができ、手元に届くのも早いです。しかし、急いで指輪を用意する必要がない人は、手作りすることを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?自分たちで手作りするスタイルの結婚指輪は、「オリジナルの結婚指輪が欲しい」「一生に一度の機会だから、結婚指輪を作る経験をしてみたい」などの理由から、近年人気を集めています。金属を叩く、刻印する、といった制作の工程に携われること、そして普段はなかなか入れない工房内の様子を見られることなどが手作りの魅力でしょう。

 

 指輪の製法は、大きく分けて鍛造(たんぞう)と鋳造(ちゅうぞう)の2パターンがあります。鍛造は、金属を曲げたり伸ばしたりして指輪の形を作ります。デザインはシンプルなものに限定されがちですが、金属を鍛えるため、密度が高く、耐久性に優れた指輪ができます。鋳造は、金型に金属を流し込んで固めることで指輪を成形します。鍛造製法の指輪よりも柔らかいですが、デザイン性の高い指輪を作ることが可能です。どちらの製法を採用しているのかは工房によって異なります。したがって、結婚指輪を手作りする場合は、耐久性とデザイン性のどちらを優先したいかによって、工房を選んでみるとよいでしょう。

結婚指輪を手作りするメリットやデメリットとは?

【結婚指輪を手作りするメリット】

 結婚指輪を手作りするメリットは、なんといってもオンリーワンであることです。一生に一度の結婚ですから、他の誰も持っていない特別な指輪が欲しいという人もいるのではないでしょうか?そのような人に最適なのが、手作りの指輪なのです。また、個人経営の工房であっても、アフターケアがしっかりしているところが多いです。よって、指輪のサイズを変更して欲しくなったときに相談しやすいということもメリットの一つでしょう。

 

【結婚指輪を手作りするデメリット】

 一方、デメリットは労力と時間がかかることです。制作に2〜3時間ほどかかり、さらに宝石を埋め込む場合などは納品までに1カ月ほどかかります。したがって、手間をかけたくない人や一刻も早く指輪が欲しい人にとっては不向きといえます。その他、手作りするにあたりデザインセンスが求められます。センスに不安があるけれども手作りしたい人は、工房に相談してみましょう。

費用の相場はどのくらい?

 結婚指輪を購入する場合の相場は、ペア(2本)で20〜30万円ほどとなっています。一方、手作りする場合は、ペアで8〜15万円ほどが相場です。よって、既成品を購入するよりも手作りしたほうがリーズナブルなのです。ただし、素材をプラチナにしたり、複雑なデザインにしたり、たくさんの宝石を埋め込んだりすると、当然のことながら費用は高くなってしまうので、その点には注意が必要でしょう。

指輪を手作りした人の感想

  ここでは、実際に指輪を手作りした人の感想を紹介していきます。

 

(30歳・女性)

小さい頃から物作りが好きで、結婚指輪もぜひ作ってみようと思いました。既成品よりも費用を抑えられ、またダイヤを埋め込んだり刻印したりすることも可能で、既成品と変わらない出来栄えの指輪が完成しました。さらに、作っている様子を写真や動画で撮ってもらえたのも有り難かったです

 

(27歳・女性)

もともと不器用で上手く指輪が作れるか不安でした。しかし、工房の職人さんが手取り足取り教えてくれましたし、上手くできない部分は手直ししてくれたため、素敵な指輪に仕上がりました。時間をかけ、苦労して作った分、やはり愛着が湧きますね。アフターケアの面についても、磨き直しやサイズ変更が無料なので安心です。

キットを購入すれば自宅でも簡単に結婚指輪が作れる!

出展:https://www.jamhomemadeonlineshop.com/c/namelessring

 自宅でも結婚指輪が作れるということを知っていますか?JAM HOME MADEが販売する手作り指輪キット「名もなき指輪」を購入すれば、自宅で気軽に2人だけの指輪を作ることができるのです。箱の中には、リングサイズゲージと8サイズのリング、そして木製の芯棒やハンマーが入っています。作り方はとても簡単で、まずリングサイズゲージで自分の指のサイズを測り、そのサイズに合うリングを1つ選びます。そして、リングを芯棒に通してハンマーでトントン叩いて続け、最終的に満足できる形になれば完成です。さらに、その指輪を型取りして、ゴールドやプラチナの指輪を作ったり、刻印したりすることも可能ですよ。キットは通販で購入できるので、自宅で気軽に作りたい人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?最も安いものなら9900円~にて購入できます。

結婚指輪を手作りしてみよう!

出展:https://www.jamhomemadeonlineshop.com/c/namelessring

結婚指輪を手作りすることによって、世界で一つしかない特別な指輪が出来上がります。既成品を購入するよりも費用を抑えられることも大きな魅力なので、ぜひ手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?労力と時間はかかりますが、2人で作った経験はこの先もずっと良い思い出として残り続けるはずですよ。また、工房で作るだけでなく、自宅で簡単に作れるキットも販売されています。そちらもチェックしてみてくださいね。

二次会幹事代行なら二次会チャンネル!

結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは、結婚式二次会だけでなく会費制のお披露目パーティーもプロデュースしております。最近では挙式・披露宴を行わずに、カジュアルな会費制ウェディングパーティのみを検討されているカップルからのご依頼が約60%になっています。祝儀制は大げさになるので、大変そう。もっと簡単にお金をかけずにお披露目パーティを開きたい!会費制のウェディングパーティをカジュアルにやってみたい!そんなカップルはぜひご相談ください。

キタ梅田で結婚式二次会

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます