費用は押さえたいけど海外挙式にも憧れる!格安で理想の海外挙式をする方法

格安で海外挙式をやりたい
結婚と二次会に役立つコラム【29】

 リゾートビーチのチャペル、海外ならではの荘厳な雰囲気の大聖堂、海外ならではのおしゃれな雰囲気漂うガーデンなど、海外挙式に抱く憧れは数えればきりがないですよね。しかし、海外挙式となると渡航費用だけでもかなりの出費に。費用を抑えて格安で理想の海外挙式を行いたい人に、格安で行えるエリアや時期などについてご紹介していきます。海外挙式を考えるときの参考にしてみて下さい。

旅費・宿泊費から考える海外挙式

 海外挙式を考えるときネックになってくるのが旅費・宿泊費の問題でしょう。ウエディングプランなどで旅費と挙式がセットになっているものも多数あります。一見お得に見えるプランも必ずしも一番格安になっているとは限りません。

 海外挙式の手配を手掛ける会社などで格安プランを手配し、安い時期などに格安の旅行パックなどを利用して旅費と宿泊費を抑えれば、かなりの節約になる可能性があります。もちろんこの場合、滞在日と挙式日のずれがない様、最終的な確認をするのは個人になりますから、多少の面倒はかかるかもしれません。しかし様々なパターンで価格を比べてみることが、海外挙式をより低価格で実現させることにつながります。

挙式プランを見直してみる

 海外挙式を考えるとき、挙式プランを見なおすことで節約になる事もあります。どのような挙式にしたいか、一番重要視したい部分をしっかりと決めておきましょう。そのうえでどのようなオプションを付けたいか考えます。衣装一つとっても、レンタルするのか購入するのか、国内で用意するのか現地で用意するのか、すべてにおいて価格は変わってきます。写真撮影をプロのカメラマンに頼めばその分費用はかかりますし、ビデオ撮影や撮影したものをメディアとして残してもらったり、アルバムを作成したりすればどんどん費用は増えていきます。オプションになるものは大抵、旅費が安い時期・高い時期にあまり価格が影響されるものではないので、どこを節約しどこは譲れないか明確にしながらプランを考えていけば理想の挙式に近づけるでしょう。

人気の格安海外挙式エリアはここ!

 不動の人気エリアといえばハワイですが、相場としては高い傾向にあります。またハワイは安い時期と高くなる時期の差が激しいので、ハワイで挙式をしたいなら、必ず安い時期をチェックして挙式をそこに合わせればかなりの節約になるでしょう。

 また、エリアとして全体的に低価格なのはグアム・サイパンです。ハワイに比べて主に旅費の面で大幅に価格が変わってきます。次いでアジア地域。バリ島などでのアジアンリゾート挙式は一番人気ですが、最近ではタイ、中国、韓国などにも人気の会場が増えつつあります。物価の安いアジアエリアなら現地での滞在費が安く済みます。また挙式に使う生花なども格安で用意できるので、式場内にふんだんに使えたり生花のブーケもリーズナブルに用意できたりします。

格安時期とベストシーズンがマッチする日を選んで

 日本では年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの夏休み時期は航空代金や宿泊代金が高くなる傾向にありますが、必ずしもそれが諸外国に当てはまるとは限りません。エリアによっていつが安い時期なのか知っておくことで、全体的な費用を節約することにつながります。

 概ね8月頃はどのエリアも高い傾向にあり、6月頃が安くなる傾向にあるようです。例えばグアム・サイパンが格安になるのは6月頃。次いで3月頃と9月~11月頃です。グアム・サイパンのベストシーズンは12月~3月なのでそういった事も加味すると現地でもっと楽しめるかもしれません。バリ島の格安時期は6月頃と12月頃でベストシーズンは4月~10月です。安い時期とベストシーズンがかぶる6月は狙い目かもしれませんね。

 価格の変動の激しいハワイは、ベストシーズンの4月~9月のなかでは5月・6月が安い時期になるようです。また10月・11月頃と1月・2月頃も安い傾向にあります。もちろん様々な事情によって格安時期は変動することがありますから、ある程度長い期間をチェックしておく方がよさそうです。

帰国後は親しい友人を集めてパーティー

 安い時期を選び低価格になるようプランを立てても、招待する人数が多くなれば費用は膨れ上がります。その為予算を抑えた海外挙式をしたいなら、招待客をできるだけ少なくする必要があるでしょう。10人ぐらいまでに抑えることができれば、日本で親族をはじめ友人たちも招待して行う披露宴と比べても、あまり差はなくなってきます。

 挙式には親族など身近な人だけにして、帰国後レストランなどに友人を招いて会員制のウェディングパーティーをすれば費用も節約できるだけでなく、友人たちと気の置けないアットホームな時間を楽しむことができます。海外挙式で節約した分、代行会社などにウェディングパーティーを頼んでもいいでしょう。新郎新婦ですべてを手掛けるとなると負担にもなりますし、招待客と進行に気を使ってしまって十分に一緒に楽しめなかった…となってはちょっとさみしいですよね。節約にもなって、招待客も自分達も楽しめるような理想のウェディングパーティーのためにも、代行会社を利用することはおすすめです。

理想をしっかりイメージして格安の海外挙式を

 海外挙式をどんなものにしたいか、イメージをしっかり決めておくことが格安に挙式を行うための大切な一歩のようです。必要なものと不要なものを明確にしてプランを組み立てましょう。また、海外にも格安のエリアとそうでないエリアがあります。シーズンによっても価格が変動するので長い目で見て安い時期をチェックし、ぴったりの日取りを選ぶことができれば海外挙式も格安に行えそうです。

帰国後お披露目国内パーティーなら二次会チャンネル!

キタ梅田で結婚式二次会

海外挙式から帰国後お披露目パーティは2次会チャンネルにお任せください。結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは、結婚式二次会だけでなく会費制のお披露目パーティーもプロデュースしております。最近では挙式・披露宴を行わずに、カジュアルな会費制ウェディングパーティのみを検討されているカップルからのご依頼が約60%になっています。祝儀制は大げさになるので、大変そう。もっと簡単にお披露目パーティを開きたい!会費制のウェディングパーティをカジュアルにやってみたい!そんなカップルはぜひご相談ください。海外で撮影した写真やビデオなどをパーティーで上映して、大画面スクリーンで友人に見てもらいましょう

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます