再婚でも結婚式はやるべきか?再婚での結婚式ってどんな感じ?結婚式は決表明の場!

再婚で結婚式はどんな内容にするべきか?
結婚と二次会に役立つコラム【41】

 新郎新婦のどちらも再婚のときには、初婚の際に盛大に結婚式・披露宴を挙げているから結婚式を望まないということも少なくありません。同じ人の結婚式に2回出る友達のことを考えると、再婚で結婚式をあげるのは気が引けるという気持ちもあるでしょう。ただ、結婚式は祝ってもらう場でもありますが、来賓をおもてなしする場でもあるのです。さらに、結婚式は結婚に対しての決意を表明する場でもあります。ここではそんな再婚する人の結婚式について解説していきます。

再婚の場合、結婚式を改めて挙げるべきか?

 新郎新婦の片方が再婚か、両方が再婚かで結婚式をやる確率が変わってきます。男性が再婚で女性が初婚の場合は結婚式をすることが多いです。一方で、再婚同士などでは結婚式をしないということも少なくありません。周りの人に迷惑だろうと考えてしまうからです。しかし、そんなことは考える必要がないでしょう。両親、親戚、友達、同僚は二人の門出を祝ってあげたいと考えています。次こそは頑張れとエールを送るつもりで、時間やお金をかけてでも結婚式へ出席してくれる人も少なくないでしょう。

 

 結婚式をしないで夫婦になり新しい生活を始めることもできます。けれども、それでは周りの人から認められたことにはなりません。結婚式は祝ってもらうためだけではないのです。お世話になった方々や大切な方など周りの人に対して、結婚をしてこれから頑張っていきますという、報告・決意表明の場でもあるので迷惑になるとは限りません。結婚式を挙げることで周囲の人にも夫婦として認めてもらうことができます。

招待される友人はどんな印象なのか?

 再婚での結婚式に招待された場合、友人は最初の結婚式のときほど感傷的になることはないでしょう。しかし、2回目の結婚式だとしても友人の門出を祝いたいとは思っている人は多くいます。親しい友人というのは常に味方をしてくれるものですから、結婚式に呼べばきっと喜んできてくれるでしょう。とは言え、友人の中には結婚式に呼ばれたくない人もいるかもしれません。そのため、呼ぶ人を選ぶことが必要になります。

 

 例えば、結婚式に呼ばない方がいいのは少し距離のある友人です。いつも会っている友人であれば、気心がしているので結婚式に呼んでもお祝いをしてくれるでしょう。友人の気持ちを考えながら招待する人を決めると、お互いに気を使わなくていい結婚式を行うことが可能です。友人が祝ってくれるかは結婚の話をしたときに判断できます。喜んでくれれば、祝ってくれると考えられるでしょう。本当に親しい人だけを厳選して、小規模での披露宴を挙げることがベストですね。

再婚での結婚式。どのようなスタイルにするべきか?

 再婚の結婚式を初婚と同じようにするという方法もあります。教会から結婚披露宴まで初婚と同じように結婚式をするスタイルです。しかし、そこまで必要かと思う招待客も多いかもしれません。初婚の結婚式であればそれでもいいでしょう。ただ、再婚で招待されている客の方は前にも見たことがあると思ってしまいます。そのため、できれば一般的な全行程をこなす結婚式はしない方が賢明です。どこかを簡略化したり、簡素化したりすることで経費を低く抑えることができるので、その分ご祝儀を多く集めないような結婚式にすれば、招待客も納得しやすいでしょう。

 

 結婚式のスタイルは色々とありますので、上手く結婚式のスタイルを考えることで招待客に負担をかけないようにできます。このような気遣いが必要になるのは再婚のときだけでしょう。気遣いがあると招待客からの好印象を持たれる確率が上がります。初婚と同じ結婚式ではなく、自分達のスタイルにあった結婚式を作ることが大事です。

おすすめな再婚結婚式のスタイルとは?

 再婚をするときの結婚式ではご祝儀なしのカジュアルな会費婚がオススメです。再婚のときにはそのくらいカジュアルな方が合っています。格式張っていると、参加しにくいと思ってしまう人もいるでしょう。また、会費婚であれば2回もご祝儀を払うといったこともなくて済みますし、新郎新婦が持ち出しで結婚式をする必要もありません。さらに、最初からご祝儀なしで会費だけで結婚式をするとアナウンスしておけば、ご祝儀を出すかどうかで招待客は迷わないですむでしょう。新郎新婦もご祝儀だともらいにくくても会費であれば受け取りやすいです。このように、会費制の結婚式はどちらにとっても都合がいい結婚式の形と言えます。会費は1万円程度に抑えて、二次会をイメージしたお披露目パーティーを選んでみてはいかがでしょうか?

 

 再婚であっても、結婚への決意表明の場として結婚式は挙げたほうがベターです。しかしその際は、主席者の皆様へ配慮をして結婚式を行うことが大切になります。

会費制お披露目パーティーなら二次会チャンネル!

結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは、結婚式二次会だけでなく会費制のお披露目パーティーもプロデュースしております。最近では挙式・披露宴を行わずに、カジュアルな会費制ウェディングパーティのみを検討されているカップルからのご依頼が約60%になっています。祝儀制は大げさになるので、大変そう。もっと簡単にお金をかけずにお披露目パーティを開きたい!会費制のウェディングパーティをカジュアルにやってみたい!そんなカップルはぜひご相談ください。

キタ梅田で結婚式二次会

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます