結婚式場から貰った見積もりを値切るコツと交渉術

結婚式場からもらった見積もりを値切る交渉術
結婚と二次会に役立つコラム【17】

何かと費用がかさばる結婚式です。どんどん上がっていく見積書にビックリした方も多いのではないでしょうか?実は・・・式場から貰った見積書の金額を下げることは可能です。値切り交渉のタイミングやコツを抑えておけばうまくコストを抑えながら理想の結婚式が挙げられます。ここでは、具体的な値切り交渉の方法や適切なタイミングなどをご紹介します。現在、式場を探している方はぜひ参考にしてみてください。

見積もりを値切るのはどのタイミングがベストか

結婚情報誌の金額は概算の最低価格

 結婚式場から見積りを貰った後、値段を下げるために交渉するにはタイミングを見計らう必要があります。適切なタイミングで交渉することにより当初の提示価格よりコストをかなり抑えることが可能です。タイミングを逃せば交渉が難航するので、値切り交渉を成功させるにはタイミングを見計らいましょう。値切り交渉を行うタイミングは、式場決定の契約前が基本です。

 

 契約後では交渉しても一切受け付けてくれない式場がほとんどです。急いで式場を決めて焦って契約した後、値段を下げるために活用できるプランや交渉材料が見つかった、という事態に陥らないよう注意する必要があります。

 

 結婚式は一生に一度あるかないかという大イベントで、近年では格安ウエディングも多々見られるようになりましたが、自分が納得できる内容にするにはそれなりのコストが必要です。料金と内容の両方で納得できるよう、式場の契約は余裕をもって行いましょう。

値切り交渉をするなら短期間にたくさん式場見学へ行く

結婚式の見積もりは当日までに何回もらう?

 値切り交渉をするのであれば期間に余裕を持った式場見学は鉄則です。一つの式場にこだわらず、さまざまな式場を見学して比較と検討を行いましょう。特にコストを安く抑えたいと考えている方は、式場見学は挙式の半年以内に行ってください。一般的に、式場契約は挙式を行う半年前から1年前の間に成立するのが普通です。半年以内になると式場側の枠が埋まりにくくなり、この枠を埋めるために価格が安くなる傾向にあります。

 

 早割りを適用しているサービスは多々ありますが、結婚式場に関しては枠を埋めるために、その逆のことをしているのです。もし式場側が直前割り引きなどの価格を下げる見積書を提出してきた場合、さらに値引き交渉できる可能性は十分にあります。どの部分で値引きができるか、見積書の内容をしっかり検討して交渉を進めましょう。

 

 つまり半年前を過ぎてから、短期間にたくさんの式場に見学に行くのがベストなタイミングでしょう。あとは8月や2月、平日などでの結婚式の場合、予約が入りにくいため、交渉はやりやすいと言えます。

即決割り引きは活用すべきか

 結婚式場との契約は、見学して日にちを置き契約というのが一般的ですが、多くの結婚式場では見学当日に契約すれば割引を採用するという即決割り引きというものがあります。式場の枠を埋める契約内容で、新規顧客を確実に獲得するための方法ですが、この即決割り引きを活用するのも一つの手段です。

 

 即決のみという厳しい条件ですが、ここの式場がいいと明確に決まっている場合にはぜひ活用してください。即決割り引きで後悔しないためには、事前の情報収集が鍵となります。式場の基本情報はもちろん、実際に利用した方たちの口コミ情報や普通に利用したときの価格、細かなサービス内容を正確に把握しておきましょう。即決割り引きは場合によって数十万円にも及ぶこともあり、かなりお得になります。

値切り交渉のコツ

 値切り交渉を実際に行う場合、どの方法が効果的なのか知っておくのがポイントです。式場との交渉で有効的なのが、他式場の見積書の提示です。安い見積書を提示して、この式場と迷っているのですが、と交渉すれば、式場側は顧客獲得のために価格を抑えた新たな見積書を提示してくれる可能性が高くなります。式場選びのために複数の場所を訪れると思いますが、まずは価格が安い式場へ行き見積りを貰って、本命の式場で貰った見積書を提示すれば交渉がスムーズに進みます。

 

 もっと価格を抑えたいという方は、結婚式相談カウンターを使って式場見学に行きましょう。相談カウンターではサービスの一環として見積書の添削を行っているところが多々あります。専門家の知識で見積書を確認してもらい、この部分は不要など判断してもらいましょう。相談カウンターから直接式場へ交渉してくれるケースもあります。式場選びに悩んでいる方は、相談カウンターを積極的に利用してください。

自分で用意できるものは持ち込み交渉をお忘れなく

 自分で用意できるものは持ち込んでコストを抑えるという方法がありますが、この方法は式場に無断で行えません。式場側が儲けのため簡単に持ち込みさせてくれないケースもあります。持ち込みで価格を安く抑えるのも値切りのコツです。何が用意できて何が用意できないのか、事前にしっかり確認しておきましょう。「持ち込み料を無料にしてくれたら契約する」など言ってみるのもアリかもしれません。また、持ち込み交渉は必ず契約前に行ってください。契約後の交渉はキャンセル料を理由に式場側が渋る可能性が高く、交渉に持ち込めません。この条件なら契約しますと、優位に立てる契約前に交渉を行いましょう。

価格を下げるチャンスはたくさん転がっている

 一生に一度あるかないかという一大イベントである結婚式は、それなりの費用がかかります。なるべく安く済ませたいと考えている方は多く居て、式場側も割り引き価格やサービスなどを行い顧客獲得を行っています。これらのサービスをうまく活用しながら契約前にさまざまな交渉をすることでコストはかなり安く抑えられるので、積極的に値引き交渉を行ってください。

結婚式二次会幹事代行2次会チャンネルでは?

 

二次会を開催するために私たちに相談に来られるお客様。多くの新郎新婦様に共通しているご意見がございます。結婚式場から初めに説明されたプランでは、不足しているものだらけ。たくさんのオプションを追加させられた。気がついたら、どんどん料金が上がっていって、最終的にはとても高額になってしまった。始めにもらった見積と全然違う。ブライダル業界によくありがちな話です

 

しかしながら2次会チャンネルの料金システムは、非常に単純明確です。

 

新郎新婦様のご負担金69800円+ゲスト様サービス料1名3000円。料金システムはこれだけです。もちろん結婚式二次会に必要なサービスは全て含まれております。ブライダル業界にありがちな複雑な料金システムはございません。

結婚式の二次会幹事代行なら二次会チャンネル!

キタ梅田で結婚式二次会

披露宴のあとは二次会も開催しよう。披露宴に招待できなかった、参加できなかった友人を呼んで親しい仲間だけで一生に一回の思い出を作れるのが二次会です。でも結婚式の準備に追われて、二次会のことまで手が回らない、また友達に幹事を頼むのも大変そうで気が引ける、そんな時におすすめしたいのが二次会の幹事を丸投げできる二次会幹事代行会社です。

2次会チャンネルとは?

2次会チャンネルとは、ウェディングプロデュースや二次会代行をおこなっている二次会幹事代行会社です。10年もの実績があり、トータル1000件以上の二次会を企画・運営してきました。ここからは2次会チャンネルが多くの新郎新婦カップルに選ばれている理由を紹介していきます。

【1】圧倒的な実績数

年間200組以上のカップルが利用し、実際にその感想をYouTubeで公開しています。どの動画を見ても、自分たちらしい二次会ができた喜びの声にあふれています。

 

【2】盛り上がるクイズ

二次会のゲームというとビンゴが定番ですが、ありきたりすぎて盛り上がらないことも。二次会チャンネルではクイズゲームを採用しており、どんなゲームなのか無料体験会もおこなっています。

 

【3】自由度が高い

二次会代行というと、することが決まっていたり、会場が限定されていることも多くあります。二次会チャンネルではまずカップルの皆さんの希望が優先され、「こんなことは無理かな」というような要望にも応えてきた実績があります。

 

【4】LINEで打ち合わせ

披露宴の日程が近付くと、なかなか打ち合わせも難しくなります。二次会チャンネルでは対面の打ち合わせは最初の顔合わせだけで、次回以降はLINEで打ち合わせとなります。ちょっとした疑問もすぐに聞くことができる点も助かります。

 

【5】豪華な景品

定番の景品では参加者の人も「またこれか」となってしまいがちです。二次会チャンネルでは温泉ペアチケットや豪華食材など、年代や年齢問わずに満足してもらえる豪華な景品を用意しています。

 

【6】プランナーが司会者

二次会チャンネルのプランナーは、なんと全員がプロの司会者です。そのため、可能な限りプランナーがそのまま司会者を務めます。そのため伝達もれや行き違いなどが起こらないという大きなメリットがあります。司会者の顔が分かっていることも安心です。

【料金プラン / サービス内容】

気になる料金ですが、二次会チャンネルでは分かりやすい料金体系になっています。必要なサービスはすべてセットになっていて、後からオプション料金などを請求されることもありません。

 

(ゲストらくらくコース)

新郎新婦が69,800円を支払い、ゲストは参加費として飲食代に3,000円を上乗せして二次会チャンネルに支払うコースです。二次会参加費が安くなるので、ゲストに喜ばれるコースです。

 

(新郎新婦0円コース)

新郎新婦の負担は0で、ゲストは飲食代に4,500円を上乗せして二次会チャンネルに支払います。新郎新婦の負担が軽くなります。

2次会チャンネルへ相談する

まずは2次会チャンネルに「こんな二次会をしたいけれどできますか?」と相談してみてください。

相談予約は下記バナーから、またLINEでも受け付けています。

お急ぎの方は電話やLINEでも相談受付中

teltel
この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます